子宮頸がん 闘病記

子宮頸がん検診で「高度異形成」になり、「円錐切除」を受けました。 その手術がきっかけで、現在「子宮頸部閉鎖症」と戦っています。 1人でも多くの女性が「子宮頸がん」の早期発見ができますように。

「高度異形成」円錐切除~28日後~消毒終了

2017.08.11
円錐切除術終了してから約1か月。

病院に行ってきましたが、やっともう普通の生活に戻れるようです。
消毒は、いったん終了になりました。
色々な方がブログで書いていた大量出血はわたしにはありませんでした。
おそらく、術後1週間、その後1週間は3日おき、その後2週間は1週間ごとに消毒、洗浄に行っていた事が良かったのかな?と思います。
洗浄すると、中の血液も洗い流されるので、その分出血しなかったのではないか?と。

お腹の痛みは、術後2週間くらい経ってから少し生理痛のような鈍痛がありましたが、現在は特に何もありません。 ただ、出血は少しあります。
大量には出ていないので、生理6日目くらいの量です。

結局、病理検査で癌の部分が全部取り切れたのかどうかわからないので、半年後に再検査をすることになりました。
次は来年の2月に細胞診をする予定です。

この時に、また高度異形成の判定が出れば、また円錐切除するか、子宮全摘するかになります。

まぁ、とりあえずいったん治療が終了とのことで、良かったなとは思いますが、やっぱりちゃんと検査結果が出ないとモヤモヤが残ったままですね。
わたしの中に、癌が残っているのか、もう大丈夫なのか…。

子宮頸がんの原因はウイルスだってことはわかっているのですが、わたしももっとちゃんと免疫力を高めなければいけないと思いました。
わたしがウイルスに勝てなかった原因は…
育児と仕事でだいぶ疲れていた。
夫に対するストレス。
好きなものばかり食べている(魚介類が嫌いなのです)
などなど、挙げればきりがないですが…。

考えられる様な原因はたくさんあるのです。

今は、子宮頸がんワクチンがあって、わたしのように癌になる前に防ぐこともできる時代になりました。
ただ、娘にワクチンを使った方がいいのかはよくわかりません。
新しい薬なだけあって、副作用も出ているようなので、もしワクチンを使ったことで娘に何かあったら…と思うと怖いです。
娘がワクチンを打つ頃には、もう少し副作用の報告も上がってきて色々改善されているのかもしれないですが。
子宮頸がんは、早期発見で治せる癌です。 娘にはちゃんとがん検診を受けることを教えたいと思っています。

もし、わたしのように癌になったとしても、早い段階で切除すれば大丈夫なので。
みなさんも、子宮頸がん検診はしっかりと受けてくださいね!!