子宮頸がん 闘病記

子宮頸がん検診で「高度異形成」になり、「円錐切除」を受けました。 その手術がきっかけで、現在「子宮頸部閉鎖症」と戦っています。 1人でも多くの女性が「子宮頸がん」の早期発見ができますように。

子宮頸がん検診の話

妊娠中の子宮頸がん検診

2017.04.07 もともと、中度異形成~高度異形成だったこともあり、妊娠後期で子宮頸がん検査をしました。 結果によっては、細胞診だけでは無く、組織診もする予定でいました。 細胞診の結果は、やっぱり「高度異形成」 何だか、妊娠をすると、結果が悪くなる。 息子を出産した後に、「中度異形成」になった。 やっぱり妊娠によって、子宮頚部がだんだん柔らかくなることと病気が進行することと関係…